HOME > 酸素カプセルの成功例・失敗例

Failure and a success example
酸素カプセルの成功例・失敗例

酸素ビジネスを成功させるにあたって「絶対」ということは有りえません。逆にそこをお約束できるようでは信用できません。しかし成功させるにあたって、いくつかのポイントが有ります。

酸素ビジネスにおけるメーカーの選択

商品を製造し納めるだけでしたら、どの会社から購入しても同じと言えます。そこからいかに収益を確保していけるのかが、ビジネスにおいてもっとも大切です。既に当たり前となった集客ノウハウや、コンテンツを案内するだけの会社も多く見受けられますが、それでは意味がありません。弊社では納品後を重要課題として、導入前の弊社提携店による店舗研修や、ネットを活用した様々なアプローチで、お客様のビジネスをお助けします。

メーカーサイトの信頼性

酸素カプセルを販売するメーカーや販売店・代理店が作成して称えている、自作自演・自画自賛サイトや、誤りのある内容を掲載した情報サイトが、ネットには点在しています。客寄せ用の商品やお値打ち品と称して、在庫を保有していない商品を掲載し、最終的には自社で売り切りたい商品を勧めてくる会社も有ります。実際に在庫があるのか製造工場を確認し、実物も導入店舗を紹介してもらうなどして、嘘の含まれた広告に注意をして、事実を見極めることが重要です。

メーカーとしての実績

一部では会社都合で倒産や引継ぎを繰り返し、会社名や事業所だけでなく実態が定かでない会社も有ります。万が一のトラブルやメンテナンスの対応してもらえなかったり、担当がよく変わるような会社では、長いお付き合いは難しいのではないでしょうか。メーカーをビジネスパートナーとして考えるのであれば、実績や責任感のある会社を選択しましょう。

酸素カプセルの修理トラブル

機械のトラブルにより担当に連絡すると、実際の修理まで何日も要し、営業に支障をきたすケースがあります。原因としては、実はメーカーではなく数ある販売店のひとつから購入していたり、そのメーカーが同様の製品を別のメーカーから仕入れていたことで、メンテナンス情報の共有に時間がかかったなどが考えられます。有事の際には酸素カプセルの利用停止や営業の中止にもかかわってくるので、メンテナンスの対応や、保障体制は事前に確認しましょう。

ページの先頭へ戻る

  • お問い合わせ
  • ティーアンジュ
  • ネット集客
  • アルファプラス
  • LP